toggle

2018-12-26

【ソウシハギ】フカセ釣りで初めて釣った魚が簡単に人を殺す猛毒魚だった

先日の宮古島遠征でフカセ釣りという釣りをする機会に恵まれました。コマセを撒いた瞬間に群がる魚群や、いつもやるルアー釣りでは絶対に釣れない魚が釣れることなどに興奮を覚え、完全にフカセ釣りにハマってしまいました。なんとか自力で釣りたいという思いで磯に通い、なんとか釣り上げることができたのですが・・。

宮古島のフカセ釣りポイントへ

宮古島の海は本当に美しく一見どこでも簡単に釣れそうに見えますが、実はそんなことはありません。フカセ釣りでも同じことが言えるらしく、宮古島の中にはいくつか有名なフカセ釣りのポイントがあるようです。私たちはその一つを教えてもらうことが出来たので、さっそくポイントへ向かいました。

釣り具屋さんで購入した巻き餌とオキアミをブレンドし、水を混ぜて巻き餌を作ります。水の分量をちょっと間違えましたが、なんとかなりました。

フカセ釣り初心者の私はもちろんフカセ釣り用の竿など持っていません。そこで、いつも使っている7ft程度のブラックバス用ロッドを代用。やはり短い竿では思うようにキャストできません。足元オンリーで狙うことにしました。

得体の知れない魚が食いついた

なかなか魚がかからないまましばらく釣りを続けていると、スッとウキが沈み初めてのアタリ。自力でのフカセ釣りで最初の魚がかかりました。

海の釣りって何がかかるか分からないという面白さもあります。なんだろうとドキドキしながら魚を寄せてくると・・なにやらカワハギっぽい顔をした見たことのない魚がひょっこり顔を出しました。

陸に上げてさらにビックリ。うちわのように大きな尾びれ。ペラペラな体に青い斑点模様。陸に上げてからは全く暴れることもなくおとなしくしています。ちょっと不気味な魚でした。

いつもなら宮古島で釣れた魚はとりあえず持ち帰って食べてみようということになるのですが、今回はたまたま前日までに釣った魚を宿の冷蔵庫にたくさんストックしてあることや、体がペラペラすぎて捌くのが難しそうなことからリリースすることにしました。まさかこの選択が私達の運命を大きく左右することになろうとは・・。

猛毒魚 ソウシハギ

その日の晩、宮古島で知り合った釣り仲間とサメを釣りながらバーベキューをしたのですが、そこで衝撃の事実を知ることになるのです。

今日釣った魚の話になり、その魚の名前を知りたいということで写真を見せると、衝撃の答え。なんとそれはソウシハギという魚で簡単に人を殺してしまうほとの猛毒を持つ魚だというのです。宮古島ではセンスルーと呼ばれていました。

ソウシハギは内蔵にパリトキシンという猛毒を持ち、これがフグの何十倍もの毒なんだとか。内臓を除けば身の味は美味しいらしいのですが、捌くときに内臓を傷つけると毒が身にも移ってしまうため注意が必要とのこと。素人は捌かないのが無難だと思います。

「知らない」って本当に怖いこと。これからは海で釣った知らない魚をむやみに触ったり食べたりしないようにします。皆さんもお気をつけ下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。