toggle

2017-06-16

琵琶湖バス釣り イモリッパーの3/8ozテキサスで連発

6月の琵琶湖。バスボートでの釣りは1ヶ月ぶりになります。レークマリーナさんでスキーターをレンタルしていざ出発。

まずはGEECRACKより2017年中に発売予定のプロトのリングワーム。

ダウンショットで垂らすとかなりの確率でギルバイトがあります。琵琶湖でこんなにもたくさんのギルバイトを感じるのは2年ぐらいぶりじゃないだろうか・・。しっかりバスも釣れまっせ~。基本的にはシェイクなどは入れないでフォールさせてステイ、フォールさせてステイの繰り返しです。

スワンプネコもいい感じ。

琵琶湖競艇場前の水深2mのエリアでは所々エビモが水面に顔を出していました。ここ最近の暑さと太陽でグングン伸びてきています。私の好きなエビモ撃ちができる季節が到来ですね!

GEECRACKのイモリッパー 95mm スカッパノン・ブルーの3/8ozテキサスで狙います。クロー系ワームにあるようなツメが無いためウィードに絡まってしまうこともなく、エビモが濃いエリアでもボトムまでストンと落ちてくれます。このストンと落ちるというのが凄く大事で、ウィードに絡めながらゆっくり落とすとバイトは減ってしまうのです。一発で着低させることができ、着低と同時にボトムでボヨンと勝手に動いて誘ってくれるのがイモリッパーのいいところ。

私がエビモを撃つときはシェイクを入れて誘うことはほとんどありません。基本的には落とすだけ。誘って食わすというよりはバスの近くに落とせば食うだろうという感じで、テンションフリーでボトムまで落とし、ラインテンションを張ってアタリを確認。食ってなければさっさと次のポイントへ落とす、というのを繰り返します。

やっぱり居ました。50アップ。※着用ネックレスはEldorado ブラックバス シルバーネックレスです。

イモリッパー連発。競艇場前、バスが溜まっているようです。1時間ほどで船中4匹。

その後も定期的に釣れてくれるので飽きません。

琵琶湖のボートでの釣りは風が吹くときついですね・・。風予報が外れ、早い時間帯から風が強くなりはじめました。※着用ネックレスはEldorado 琵琶湖(マザーレイク) シルバーネックレスです。

何を隠そう、私は風が大嫌い(笑)風裏での釣りに切り替えます。プロトリングワームで47cm。琵琶湖のバス釣り楽しすぎです。

本日スワンプネコに反応するのは小バスだけでした。また次回リトライしよう!

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA