toggle

2016-11-15

沖縄宮古島でお手軽ショアジギング

今回の宮古島遠征は11月中旬。それなのに裸で泳げるぐらい暖かい(むしろ暑い)。沖縄は本当にいい所。大好きです。今日はそんな沖縄は宮古島でショアから(陸から)楽しめるお手軽フィッシングをご紹介します。

dsc_4467

宮古島は釣りのポイントだらけ

まず気になるのがポイントだと思います。ポイント選びが釣果を大きく左右することは間違いありません。しかしご安心ください。宮古島はポイントだらけです。私がいつも釣りにいくポイントを探す際は、事前にGoogle Mapの衛星写真を利用して良さそうなポイントを探しています。衛星写真からは砂地か岩場か、釣り場までのエントリーが可能かどうか、駐車できそうなスペースがあるかなど様々な情報を得ることが可能。

私がいつも選ぶのは、砂地と岩場が両方狙えるようなポイントです。(下の写真のようなポイント)手前は岩場から遠投してジギングを楽しむことができ、少し向こう側に行けば砂地があるので別の魚を狙えます。潮の状況に合わせた釣りができるということですね。

dsc_4436

海はとにかく広いため様々な方向に遠投しながら魚を探していきます。見渡すと海が若干黒くなっているようなところがあり、根(岩や珊瑚)があることが分かります。そのようなポイントにルアーを通すように意識しながらキャストしていくと反応が多いです。

img_8227

宮古島ショアジギングタックル

私が使用したタックルをご紹介します。

できるだけ遠投したいので竿は10~20g程度のジグを投げられる長めのものが必要。シマノのルアーマチックは価格もお手頃でショアジギング以外にもメバルやアジといったライトルアーゲームにも使用できますし、淡水でのトラウトゲームまで幅広いルアーターゲットに対応しています。コストパフォーマンスが非常に高いですよ。

リールは2500~3000番程度のリールでいいと思います。1.5号のPEラインを100m弱巻いて使っています。

dsc_4399

ルアーは20g前後のメタルジグを使用します。カラーはできるだけキラキラするものがいいかもしれません。沖縄の100円ショップにはメタルジグが販売されているのですが、そんな100均ジグでも十分に釣れます。ただし、アシストフックは絶対に必要です。

img_6646

リーフで熱帯魚を狙う際には、浅場をゆっくり巻ける7g前後のスプーンがいいです。他にもミノーなども使用しますが、正直キラキラするものであればなんでもいいと思います。

dsc_4435

ショアジギングで大物狙い

ポイントとタックルを準備したらさっそく釣り場へ。同じポイントでも干潮時と満潮時とでは全く違った風景になり、釣り方も変わるのが楽しいですね。

dsc_4387

釣り方のコツはメタルジグをとにかく遠投して強めにしゃくること。リールを1回巻くたびに竿先を強めにあおります。左手と右手が常に同じ動きをしているようなイメージです。

結構早めに巻きますがこのときメタルジグが海面から飛び出さないように注意してください。ダツがいる場合はほぼ100%の確率でバイトしてきますが、食べるのが下手なのかなかなかルアーにかかりません。

dsc_4526

凄い歯。普通にアワセ切れすることもありますので念のためワイヤーリーダーなどを使用するといいかもしれませんね。ダツはルアーフィッシングのターゲットとしては人気がないらしいのですが、私は結構好きです。

dsc_4531

こちらはバラクーダ(オニカマス)。

dsc_4502

dsc_4520

こちらも凄い歯です。

dsc_4474

image11379

dsc_4542

いろいろ釣れます。宮古島のショアジギングは釣れるまで何が釣れるか分からない楽しみもあります。時折50cm程度のロウニンアジやカスミアジも浅場で泳いでいるのを見ることも。なかなか釣れませんが・・。

dsc_4545

小さなスプーンで数釣り

潮が引いてくるとメタルジグでは根掛かりしてしまうリスクが高くなります。そんな時は小さなスプーンをゆっくり巻いてみてください。目で見える珊瑚や岩場を狙って巻くとこれはこれでいろんな魚を釣ることができます。しかも基本的には食べると美味しい魚ばかり。

dsc_4353

dsc_4374

dsc_4379

dsc_4412

dsc_4422

フエフキダイも結構引きます。

image11339

dsc_4426

さらに砂地で底を意識するとこれまた美味しいコチが釣れます。

dsc_4458

宮古島でのお手軽ルアーフィッシング

宮古島は360度美しい海に囲まれているため風向きに応じて風裏のポイントも容易に探せますし、竿1本だけで1日楽しめます。

ちなみに、この記事でご紹介した魚は全て同じポイントで釣れたものです。同じポイントでこれだけたくさんの魚種を釣ることができるなんて、釣り人にとって宮古島は本当に魅力的なところですね。水平線に沈む夕日を楽しみながら納竿。

dsc_4555

dsc_4533

海で使用したタックルは全て真水で洗いましょう。海水が付いているとすぐに錆びてしまいます。とくにリールと竿のガイド、ルアーの針は入念に水洗いします。

img_8210

魚を持っていくと調理してくれる居酒屋もありますが、ゲストハウスなど宿によってはキッチン付きの所がありますので、そういった宿を利用して調理するのも面白いと思います。

img_8212

釣りたての新鮮な魚を刺身で。これも釣りの醍醐味。最高です。

img_6639

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。