toggle

2017-10-07

秋のアオリイカにエギング初心者が挑む

私の地元である岐阜県には海がありません。そのためこれまで海釣りよりは淡水での釣りをすることが多かったのですが、中でもイカ釣り(エギング)は漠然としたイメージとして少し特殊で難しそうな釣りだと、そんな気がしていたので手を出せないでいました。

このたび和歌山や京都、福井でエギングをよくされるフミさんからのお誘いで、釣行にお供させていただきました。エギング面白かった~。

秋のエギングは初心者向け

出発は夜中でした。夜中3:00から朝マズメを狙い、10:00ぐらいにあがる予定です。エギングのことは全くといっていいほど分からないので、ポイントへ向かう道中でいろいろ聞いてイメージトレーニング。

どんな魚種を狙うにも時期によって釣り方やサイズが変わると思いますがそれはアオリイカにも言え、私のような初心者がアオリイカを釣りやすい時期は秋。サイズはそれほど大きくありませんが数釣りを楽しめる時期が秋、ということらしい。期待できますね。

予定通り3:00にはポイントへ到着し、ヘッドライトを付けてさっそく釣りを開始しました。あいにくの雨。カッパを着て雨の中釣りをするのはかなり久しぶりのような気がします。

使用するエギは2.5号と3号。同じエギの色違いがたくさんあり「よっぽどのコレクターなのかな?」と思いましたが、アオリイカはエギのカラーで本当に反応が変わるため、カラーの選択肢はたくさんあったほうがいいとのことでした。なるほど~。

このポイントで今年実績が高いのがヤマシタのサーチ2.5号というエギだということなので、私もしっかり購入してきました。エギにもラトルが入っているんですね。

レクチャーをうけながらエギを投げ続けること3時間。ノーバイト・・。最初の1匹は空が少し明るくなってきたタイミングでした。これぐらいのサイズのイカをエギングアングラーの中ではトンカツと呼ぶらしい。トンカツと同じぐらいのサイズだからでしょうか。

普段エギングをしない私にとっては生きているイカをまじまじと見ることなんて滅多にないわけですが、見れば見るほど不思議な生き物です。Eldorado アオリイカネックレスと一緒に。

立て続けに2匹目。少しサイズアップ、さずがです。

このタイミングで私にも初イカ!使用したエギはデュエル EZ-Q キャスト2.5号(通称:パタパタ)でした。

正直アタリはまったく感じれず、フォール後のしゃくりで食ってた、みたいなヒット。エギングはアタリをとるのがかなり難しい釣りだと思いました。それでもその後コンスタントに釣れ続け、なんと5匹もゲットです。確かに秋はエギング初心者にとってかなり釣りやすい時期なのかも。

ちなみに、手の平ぐらいのトンカツサイズに対し下の写真のような小さなサイズのイカのことをコロッケというらしい。

そしてイカの締め方に驚きました。専用の器具を使ってグサッと刺すと一瞬で体色が真っ白に。

エギング楽しかった!

9:00頃からはピタッとアタリがなくなり、10:00頃には切り上げました。エギをしゃくるあの独特な動きは他の釣りになかなか無いので難しかったですが、初心者の私でもなんとか釣ることが出来ました。アオリイカ楽しい~。

釣果はトータル9匹。

美味しくいただきました。

釣って楽しい、食べて美味しいアオリイカ。しかも基本的にはどこにでも生息しているらしく、よく行く沖縄でも港でよく見ます。今後沖縄へ行く時はエギも持って行こう!

Eldorado アオリイカネックレス

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA