toggle

2022-04-08

ネグロ川のピーコックバスは凄かった。ビッグスイッシャーのバイトは迫力が違う

2022年2月のネグロ川遠征から無事帰国。本当にトラブル続きの旅だったが、初めてのネグロ川はこれまでにない体験を私にくれた。16lb 79cm。

ビッグスイッシャーというルアー

今回の釣りで一つのキーとなったのがビッグスイッシャーと言われるルアー。ネグロ川でピーコックバス(ツクナレ・アスー)を狙うと言えばまず最初にこのルアーが挙げられるほどネグロ川ではスタンダードなルアーだ。

全部で5つほど使ったが実際に魚をかけたのはこの3つ。

  • Yara Devassa 140
  • Nature Custom
  • ハイローラー リップローラー 6.5inch

16~22cm程度の比較的大きなボディー。そしてテールに大きなプロペラが付いているのが最大の特徴。

ポッパーを動かすようにロッドを操作するとこのプロペラが「ジュッ!!」という独特の音を立てる。「ジュッジュッジュッジュッジュッ」とテンポよく音を立てて誘う。ただ、最初はこのルアーを動かすこと自体がなかなか難しい。ロッド操作とリールのハンドルを巻く動作をテンポよく同時に行わなければならないため初めて使う人はまず動かせないと思う。私も事前に練習して行った。

ビッグスイッシャーのバイトは他のルアーにない迫力がある

「ジュッ…ジュッ…ジュッ…」という感じで少しだけ間をあけてもいい。操作に慣れてくるとこの音が非常に心地良くずっと使っていられる。するとこの音に気付いて怒ったピーコックバスが目を真っ赤にして食ってくる(攻撃してくる)。つまりビッグスイッシャーに食ってくる魚のほとんどが捕食しにくるのではなく威嚇しにくるというわけだ。

だからこそビッグスイッシャーへの出方は派手。一度ではなく何度も追いかけてくる。魚には手がないため捕食するのも敵を攻撃するのも口を使わなければいけないわけだが、同じ口を使うにしても”食べに来ている”というよりも“殺しに来ている”というほうが合っていると思う。

この記事の最後にビッグスイッシャーでのヒットシーンを動画で載せているので是非観てほしい。同じ魚が4回も追い食いしてくるのだが、2回目のバイトで尾びれを使ってルアーをビンタして帰っていくシーンも映っている。(2:36頃から)

ビッグスイッシャーはブラジルのルアーショップで簡単に買えるが、おそらく日本ではなかなか手に入らない。ヤ〇オクやメ〇カリなどでは定価よりも高い金額で売買されている。そのことからも日本にも一定のファンがいるのは間違いない。私も今回のネグロ川釣行で初めてこのビッグスイッシャーと言われるルアーを使ってみて完全にハマってしまった。

次にネグロ川に行くときはビッグスイッシャーでさらなる大物を釣り上げたい。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらSNSでシェアすることができます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。