toggle

2017-07-27

宮古島でのライトジギングはいろいろ釣れて楽しいよ!

宮古島でのGT乗り合いに便乗して、GTアングラーの皆さんの邪魔にならないように注意しながらジギングを楽しみたいと思います。

60g~100gのメタルジグを中心に

宮古島周辺のGTポイントはたくさんあるようなのですが、そのポイントによって水深が全然違います。深いところでは70mぐらいの所もあれば、浅いところではなんと3m程度。なので水深に合わせてメタルジグの重さを変えていきます。私の場合は宮古島では基本的に60g~100gを使うことが多いのですが、水深が70mもあれば早く底をとるために160gぐらいのメタルジグを使用し、アシストフックを付けています。逆に3~10mのように浅い場所では40g~60gを使用し、テールのトリプルフックのみで釣っています。そのほうが根掛かりしても外しやすいので・・。また、浅場ではそれほど大きな魚がかかる心配もないためアシストフックは別に付けなくてもいいかなと。

船の真下はそこらじゅうが珊瑚や根があるので根掛かりに注意しながら落としてはしゃくり、落としてはしゃくり。宮古島ではいろんなカラフルな魚が釣れて本当に楽しいんです。

数釣れる中にたまに大物が混ざる

宮古島でのライトジギングは小さな魚であれば本当によく釣れます。だって海の中は魚だらけですから。宮古島でシュノーケルやダイビングをしたことがある方であれば想像がつくかと思います。

そしてある程度水深のあるポイントであればたまに大物が混ざります。この何が釣れるか分からないドキドキ感がたまらないんですよね~。しかも食べても意外と美味しい魚が多いんですよ。見た目はそれほど美味しそうに見えなくても。

本日一番の大物はアオチビキという魚でした。

他にも何度か大物がかかりましたが根ズレやフックアウトなどでキャッチすることができず・・。特にイソマグロには何度もリーダーをスパッと切られてしまいました。次からはもう少し強いタックルも持ってこようかな。

使ったタックルは?

メタルジグはほとんど60g~100gがメインなので、そんなに強いタックルは必要ないと思います。が、たまにかかる大物に根に潜られたりすることを考えると、深場で使えるもう少し強いタックルがあってもいいかもしれません。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA