toggle

2018-03-22

タイでティラピアを食べてみたら美味かったんだけど問題が・・

タイではとてもポピュラーな魚、ティラピア。「プラーニン」という名前で呼ばれ魚市場やレストランではよく見かけますが、ちょっと勇気が出なくてこれまで食べたことはありませんでした。だって汚い川にも普通に生息してるし、たぶん淡水魚だし、どうみても美味そうに見えないんですもん。

タイの釣り堀には基本的にどこにでもいて、たまに釣れます。あえて狙って釣る魚でもないですし、その容姿から漠然としたイメージとしては日本のブルーギルのような立ち位置に近いんだと思っていたので、なおさら食べようとは思いませんでした。

しかし先日バラマンディを初めて食べた際そこそこ美味しかったことをきっかけに、もっといろんなタイの魚料理を食べてみたいと思うようになり、先日ティラピア料理に挑戦してみました。唐揚げで頂きましたが、これが意外と美味い。もちろん大絶賛できるほどではありません。でも目隠しして食べたら日本で普通に食べている魚と何も変わらないぐらい美味しかったです。

太く硬い骨がたくさんあるのが気になりましたが・・。顔と尻尾以外は完食です。値段はたしか200THBぐらいだったと思います。

タイのティラピアは汚水で生きていた可能性がある

そんな感じではじめてのティラピア料理を堪能したわけなのですが、帰国後その話を友人にしたところ次のような話を聞きました。

ティラピアはめちゃくちゃ生命力が強いため基本的にどんな環境下でも生きることができる。そのためタイのローカルレストランでは生活排水や汚水にまみれたドブ川のような所で捕獲されたティラピアを出している可能性もゼロではない。万が一汚染された水で育った汚染されたティラピアを食べてしまった場合は腹を下したり体調を崩すこともあるから気をつけたほうがいいよ。田舎のレストランで食べるなら絶対に火は通したほうがいい。

おそらくほとんどのレストランでは養殖池で育てたティラピアを提供しているとは思うのですが、田舎のローカルレストランでは上記のようなことがあるようです。これまで私はタイで腹を下したり体調を崩したことはありませんが、念のため皆様もお気をつけ下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。