toggle

2018-06-06

タイでレンタルボートを借りて雷魚釣りができる – Bungthong Fishing Park

今回ご紹介するのはBungthong Fishing Parkというタイのローカル釣り堀。なんとここでは手漕ぎのレンタルボートを借りて釣りをすることができます。他の釣り堀には無い楽しみ方ができるのではないでしょうか。

Bungthong Fishing Parkってどんな釣り場?

まずはBungthong Fishing Parkがどんなところなのか、どのようなシステムなのかについてご紹介します。

  • 名称 : Bungthong Fishing Park
  • WEBサイト : https://www.facebook.com/bungthongfishingpark
  • 営業時間 : 24時間営業(年中無休?)
  • 対象魚 : チャドー・ピーコックバス・サワーイなど
  • 料金 : 250バーツ(ボートを借りた場合)

バンコク市内からそれほど離れていない場所にあるのでタクシーを利用して行くことも可能だと思います。今回私はレンタカーで自走しました。駐車場はあります。

釣り場(池)はかなり広く、所々に釣りができそうな屋根つきの建物がいくつかありますが、どれもほとんど使われていない様子。あまり力を入れて営業しているわけではないのかもしれませんね。

沖のほうの水深はかなり深いのではないかと思われます。いい感じのカバーが池をぐるっと囲んでおり、いかにも釣れそうな雰囲気。

水やコーラなどの飲み物を購入することができます。Google Mapで見るとレストランになっているので、もしかしたら食事の提供もしてくれるのかもしれませんが、衛生面がかなり不安です・・。お世辞にも清潔とはいえません。

たくさんの犬がいますのでご注意下さい。人になついているようですのでおそらく飼い犬?

バンガローがあり、置き竿で餌釣りをする場合はこちらを利用することができます。

今回私はチャドーを狙いたかったので手漕ぎボートをレンタルしました。

ボートから釣れる魚は主にピーコックバスと雷魚(プラーチョン)。チャドーもいます。

その他バラマンディやティラピアなど全10種類以上の魚が狙えるみたいです。

料金システムとルール

Bungthong Fishing Parkは24時間営業のようです。しかし夜中にドアをノックするのはなんとなく気が引けますね・・。

料金は1人250バーツ(2018年5月現在のレートで約800円)でした。しかしこの金額はレンタルボートの金額が含まれているため、内訳については不明です。釣り料金が100バーツでボート代が150バーツとか。

チャドー(雷魚)を釣った場合はリリースせずに必ずキープして持ち帰らなければなりません。それ以外の魚はリリースしてもOKです。

釣り方

Bungthong Fishing Parkではルアー、餌問わずどんな釣り方をしてもOKです。今回はレンタルボートで池を一周しながら岸際のカバーをフロッグで攻めていきました。ボートは手漕ぎでエレキが付いていませんので一人で釣りをするのは本当に苦労しました・・。2人1組で操船と釣りを交互にするのが良いでしょう。

何度かバイトはあるものの、魚が小さすぎてフッキングにはいたりませんでした。使用するルアー(フロッグ)については、かなり小さめなものを用意しておくといいと思います。ピーコックバスが釣りたい場合は小さなポッパーやミノーを使うといいみたいですが未確認です。

ボートはとてもぼろいので念のためライフジャケットの着用をオススメします。膨張式ライフジャケットであれば飛行機での持ち運びにもかさばりません。あとは暑さ対策や熱中症対策もお忘れなく。一日中、直射日光にさらされます。たまらずTシャツを濡らして頭を冷やしました・・。

今回私が使用したタックルは以下。

あとは胸元にEldorado 雷魚(スネークヘッド) シルバーネックレス

基本的には渋い釣り堀だと思いますが、ボートに乗って釣りができるのはとても新鮮。バラマンディ養殖池などの釣りに飽きた方は是非挑戦してみてください。

Bungthong Fishing Parkでの釣り動画

動画を撮ってきました。釣り場の雰囲気や釣り方など是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事

コメント5件

 Atsushi | 2018.06.06 18:49

プラーチョンには小さいフロッグ使った方がいいですね
パイロットの餌まきタイムでティラピア撒いてました。
夜爆釣しました。
バラ15匹釣れましたよ

 eldorado | 2018.06.06 20:28

この釣り場は個人的には気に入ったので次回は小さなフロッグを持ってもう一度挑戦してみようと思います。
パイロット宿泊されたんですね。最近のパイロットは土曜日か日曜日に生き餌を撒くと聞きましたが、土日は混むのであえて行かないようにしています(汗)

 Atsushi | 2018.06.07 3:04

平日は相変わらず、餌まき無しですね
日曜も餌まき無しでした。
人が少ないとまかないと思います
時間があったらstingray fishing park pattaya調査して下さい

 eldorado | 2018.06.07 10:42

そういえば前回シラチャの爆釣屋さんにお邪魔したときに「stingray fishing park pattaya」の話をしていたことを忘れていました笑
ちょうどフィッシングショーの時に近くのブースでstingray fishing park pattayaのパンフレットを配っていて、今度行こうと話していたところです。すっかり忘れていました・・次回行ってみます。

 Atsushi | 2018.06.08 2:13

パタヤにもarapaima fishing parkがあるみたいなので、興味があったら行ってみて下さい

Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。