toggle

2018-06-02

タイのピラルク釣り堀 – Arapaima Fishing Park

私たち日本人アングラーにとってタイでピラルクが釣れる最も認知度の高い釣り堀といえばAmazon BKKだと思います。私も過去に何度か訪れている大好きな釣り堀。しかしつい最近(2018年5月)そのAmazon BKKから車でわずか5分しか離れていない場所に新たなピラルク釣り堀Arapaima Fishing Parkがオープンしたという情報をいただき、実際に現地で調査してきました。凄く楽しかったのでご紹介させていただきます。

Arapaima Fishing Parkってどんな釣り場?

まずはArapaima Fishing Parkがどんなところなのか、どのようなシステムなのかについてご紹介します。

  • 名称 : Arapaima Fishing Park
  • WEBサイト : https://www.facebook.com/ArapaimaKPS/
  • 営業時間 : 7:00~17:00(年中無休)
  • 対象魚 : ピラルク・レッドテールキャットフィッシュ
  • 料金 : 3,500バーツ(外国人料金?または調整中の可能性あり)

場所が場所なだけにバンコク市内からタクシーで行くのは難しいかもしれません。金額の交渉をしてタクシーをチャーターすることができればいいですが、基本的にはフィッシングガイドに連れて行ってもらうか、レンタカーで自走されるかになるかと思います。今回私はレンタカーで自走しましたが、十分な駐車スペースがありました。

釣り場(池)はそれほど大きくはありませんが、混雑していても他人を気にすることなくキャストできるだけの広さはあるかと思います。スタッフに尋ねたところ水深は6mあると言われました。たしかに真ん中のほうへキャストするとなかなか着底しません。

岸際は1m程度のシャローになって岸と平行にボトムをズル引くとまぁまぁな確率で根掛かりします。マッディーウォーターなので何に引っかかっているのかは分かりませんが、おそらく木の根っこのようなものだと思われます。

2018年5月にオープンしたばかりということなのですが、私が訪れた時はまだ施設全体が完成していない状態でとりあえず営業しているという感じでした。特に気になるのはドロドロの足場です。泥は臭いですし、粘土のように足にこべりついてきます。裸足で釣りをせざるを得ませんでした。これは人によっては無理な方もいるかと思います。特に女性にはきついかも。現状、観光客向けとは言い難いですね。

トイレも建設中でした。おそらくあなたが訪れる頃には完成していると思います。ついでにAmazon BKKにあるような小さな休憩小屋がいくつかあれば直射日光から非難できるので有難いですね。

釣り場全体の雰囲気は良いのでもう少し快適に釣りができる足場や休憩小屋が設置されれば人気が高まっていくのではないでしょうか。

釣り場の近くにコンビニやレストランはありませんが、昼食と水をオーナーがどこかから買ってきてくれました。これについては請求されなかったので釣り料金に含まれているサービスなんだと思います。

釣れる魚は主にピラルクとレッドテールキャットフィッシュのようです。私が調査に訪れた日は運悪く超猛暑日に当たってしまい水温上昇の影響で魚の反応が皆無だったのですが、かろうじて1匹の小さなピラルクは確認できました・・。

中には2mオーバーの巨大ピラルクもいるみたいですよ。

料金システムとルール

Arapaima Fishing Parkの営業時間は7:00~17:00まで。しかし時間に関しては結構アバウトっぽい感じでした。6:30に到着した時点ですでに2名のお客さん(タイ人フィッシングガイドと同行している香港の人)が釣りをしていましたし、営業終了時間の17時を過ぎても30分以上釣りができましたし。その辺は雰囲気だと思います。

料金は1人3,500バーツ(2018年5月現在のレートで約12,000円)でした。しかし私は事前に「2,000バーツだ」という情報を得ていたため、今回支払った3,500バーツが正規料金(外国人料金)なのか、金額の設定中でいろいろ試しているのか、ぼったくられたのかは分かりません。

ルアーに使用するフックについては明確なルールがあり、一つのルアーに対しバーブレスフックを1つしか使用できません。シングルフック、トリプルフックはどちらでも構いませんが、必ず一つだけの使用になります。尚、ソルトルアー(ワーム)の使用は可能。

釣り方

Arapaima Fishing Parkでは餌撒きが行なわれましたが、餌撒き時の反応は皆無でした。おそらくまだ魚達が餌撒きに慣れていないんだと思います。餌を食いに水面がボコボコになるという現象は一切見られず、撒かれた死にかけのティラピアがゆっくり沈んでいくばかりでした。

今回たまたま釣り場のスタッフにルアーの動かし方をレクチャーしてもらっていた時にピラルクが1匹かかったのですが、その時のルアーはGEECRACKジャイロギル130の呼吸打ちで釣っています。ピラルクが呼吸するために水面に顔を出した瞬間にキャストし、ゆっくり巻いて食わせていました。

今回私がピラルクとファイトした際に使用したタックルは以下。

ここまで強いタックルは必要ないかもしれません。PE3~5号あたりを扱えるタックルで十分だと思います。あとは胸元にはEldoradoのピラルクネックレス

スタッフはもの凄く感じの良い方でした。まだまだオープンしたてで設備なども充実していませんが、今後の発展に期待が高まる釣り堀です!私は応援します。

Arapaima Fishing Parkでの釣り動画

動画を撮ってきました。釣り場の雰囲気や釣り方など是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事

コメント6件

 石田 | 2018.06.15 11:31

こんにちは、 FacebookのArapaima Fishing ParkでEldoradoさんの立て看板に貼った
シールがバッチリ写ってました。目を引きますね!

 eldorado | 2018.06.15 11:44

本当ですか!メイン看板に貼らせてもらうのは気が引けましたが・・

 石田 | 2018.06.15 11:59

まだEldoradoさんのシールだけしかないので、あれ何と興味を引くと思います。

 eldorado | 2018.06.17 15:47

嬉しい限りです・・

 琵琶湖をこよなく愛す釣人 | 2018.08.08 12:20

こんにちわ!タイ釣行のブログ、動画とても参考にさせてもらってます。
この釣場のFBみると、年末までPromotion fishing feeとして2500BHTになってますね!今年の10ー11月に釣行予定ですがコンディションはどうなんですかね??AmazonBKKと悩むところです🤔

 eldorado | 2018.08.08 12:40

こんにちは、コメントありがとうございます。
この釣り場へは一度しか行ったことがないため何とも言えませんがその時に限ってはかなり渋くて、私を含め4人の釣り人がいる中でピラルクを釣ったのは1匹だけでした。(オーナーがルアーのアクションのレクチャー中にかけてくれた1匹)
Amazon BKKと比べてどちらも渋い釣り掘りであるのは間違いありませんが、どちらへ行っても楽しめると思います。10~11月でしたら水温も下がって比較的釣り易いのではないでしょうか。ご検討をお祈りします!

Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。