toggle

2016-08-18

【徹底ガイド】ピラルクを絶対に釣りたいならAmazon BKKに行くべし(実釣編)

準備編の続きです。フィッシングツアーやガイドを使わずに自由な釣り旅をするには、飛行機、ホテル、レンタカーなどなど自分で決めることがたくさんあり面倒臭く感じるかもしれません。しかし実際にピラルクをその腕に抱いた瞬間の高揚感はたまりませんよ。ここからは実釣編ということで実際にAmazon BKKでピラルクを釣り上げるまでのアドバイスをさせていただきます。

rect4373

Amazon BKKに向かって出発

釣り人の朝は早い。もしかしたら数時間後にピラルクを抱いていると思うと眠れません。はやる気持ちを抑えて安全運転で出発です。Amazon BKKの営業時間は7:00~18:00とされていますが、実際はかなりアバウト。7:00前に到着して店員さんを待っていても全然来ず、結局8:00を過ぎてようやく現れたこともありました。まぁ、早く行くのに越したことはありません。

IMG_1408

下に地図を載せておきますので海外用レンタルポケットWi-FiとスマホのGoogle Mapを活用してカーナビ代わりにしてみてください。

途中で小さな看板が出てきます。

IMG_1411

  • 名称 : Amazon BKK
  • WEBサイト : https://www.facebook.com/AmazonBkk/
  • 営業時間 : 7:00~18:00
  • 対象魚 : ピラルク、レッドテールキャットフィッシュ、ガーなど
  • 料金 : 人数ではなく竿1本につき 2,500バーツ

池は2つあり、ビッグフィッシュ専用池のほうは1人2,500バーツ。スモールフィッシュ専用池は1,500バーツです。そして3,000バーツ支払うことで両方の池で釣りができます。

せっかくですから私は当然ビッグフィッシュ専用池のみで釣りをします。Amazon BKK。ピラルクが呼吸のためにちょくちょく水面から顔を出しています。いい雰囲気ですね~。釣れそう!

IMG_3917

IMG_3833

IMG_3836

車は釣り場に横付けできます。これは非常に便利。

IMG_3854

今すぐにでもルアーをキャストしたい気持ちを抑え、まずは受付から。敷地内の青い建物の中にオーナーさんがいます。ノックしてから入ってください。

IMG_8128

釣り場の利用料金は1人2,500バーツ。タイバーツのレートは変動しますのでこちらのページで日本円に計算してみてください。この時、少しばかりのチップを渡せばサービスしてくれるかもしれませんよ。(タイにはチップの文化があります)

Amazon BKKはそんなに甘くない

さぁ思う存分釣りましょう!使用するタックルは巨大怪魚に備えて強めを推奨します。ロッドはそれほどガチガチなものでなくても良くてブラックバス用のもので十分ですが、ラインだけは太めにしたほうが良いでしょう。私は餌撒き用のタックルと通常時(餌撒き以外の時間)に使用するタックルを分けています。

餌撒き時はキャストをする必要が無いので、掛かってからの強度重視。

通常時はルアーをキャストしやすいようにバランス重視。

ルアーのフックは必ずバーブレスにして1つのルアーに対しトリプルフックは1つまでしか装着しないのがルール。ロッドは硬めのバスタックルなどでも代用可能ですが、ラインは最低PE5~6号、リーダーは100lb程度は必要。せっかくここまで来たのですから、かかった魚はなんとしても釣り上げたいですよね。ラインブレイクは泣くに泣けません。

IMG_3860

記念すべき第一投目。・・・さすがにそんな上手くはいきませんね。根気強くキャスしていきます。しかし一向にピラルクは釣れません。ピラルクどころか、何も釣れません。もしかするとあなたはこんな風に考えていませんか?

ピラルクやレッドテールキャットフィッシュなどの怪魚はビッグベイトでボコボコに釣れるだろう。

私もそうでした。実際にAmazon BKKで釣りをするまでは。だっていろんな人のブログを見るとボコボコ釣れてるように見えるんですもん。しかし現実はそんなに簡単ではありませんでした。むしろAmazon BKKの魚達は完全にスレきっています。毎日毎日釣り人によって投げ込まれるビッグベイトを追いかけてまで食べることは滅多にないようです。

なぜなら、ここにいるピラルクは飼われている魚だからです。アマゾン川で日々生き死にの戦いを繰り返している野生の魚ではありません。天敵はおらず、決まった時間に与えられる餌を食べて生きてきたのです。餌しか食べません。日本から持ってきたビッグベイトを1日中投げ続けたとしたら、1匹釣れれば良いほうだと思いますよ。実際に私が釣りをしていたときにいた別の日本人客はビッグベイトやポッパーで坊主を食らっていましたし・・。

Amazon BKKのピラルクの釣り方は2つ

ではどうすればピラルクを釣り上げることができるのか。その答えは2つあります。もっともこれはAmazon BKK初心者の方のための記事ですので、釣り方はこれだけではないということは言うまでもありません。とにかくどうしてもピラルクを釣ってみたいというモチベーションの方が一番手っ取り早く釣るための方法をご紹介します。

その1.餌やりのタイミングで

先述した通り、Amazon BKKのピラルクは飼われています。つまり餌を与えなければなりません。それをこの釣り場は一つの”売り”にしているのです。餌やりの時間は午前と午後に1回ずつ。もしかするとお客さんの数に応じて回数が変動するのかもしれません。

敷地内にある生簀。この中に10㎝にも満たない小魚が大量に飼育されています。これがピラルクの餌。

IMG_4199

IMG_4200

正確な時間はいまいち分かりませんが、ある時間になるとスタッフが餌やりの準備を始めます。バケツ一杯に小魚を持ってきて、写真の奥のほうに写っている青色のドラム缶の中に小魚を入れていきます。スタッフにこういった動きが見られたら餌やり間近の合図。ちなみにこの時に半分以上の小魚がすでに死んでいます。

IMG_8013

オーナーが少しずつ何回かに分けて池に向かって餌を投げ入れると、あっという間に池の雰囲気がガラッと変わります。さっきまではシーンとしていた水面がいきなりバコバコと大きな音を立て始めるのです。オーナーの「OK」という合図とともに餌の魚に似せたルアーを足元にキャスト。すると簡単に釣れてしまうというわけ。

まずはワニのような魚、ガーが釣れました。

image10718

続いて真っ赤な尾びれが特徴のレッドテールキャットフィッシュ。こいつはめちゃくちゃ引きます。

IMG_8014

IMG_4145

またまたレッドテールキャットフィッシュ。ずっしりと重たい重量級でした。

IMG_4159

現地のお客さんにはピラルクが来た模様。かなりライトなスピニングタックルでのやり取りだったため15分以上ファイトしていたと思われます。羨ましい!

IMG_3881

image10732

結局午前中の餌やりタイムではピラルクを釣る事ができず。午後の餌やりに期待しましょう。

その2.餌やり後1時間は大きなフライを放置して

餌やりが終わると、ボコボコと賑わっていた水面が一気に穏やかになり、また静寂が訪れます。正直、餌やりタイム以外の時間帯にルアーでピラルクを釣るのは難しい。現地のフィッシングガイドさんがそんなことを言っていました。餌やりが終わると同時に帰ってしまうお客さんもいるぐらいです。それだけ餌やりの時に賭けているということでしょう。

しかし私は餌やり終了から1時間程度効く釣り方を発見しました。それはフライの放置です。フライと言ってもタックルは先ほどご紹介したガッチリタックルなので、軽いフライをキャストすることができません。そこでオリジナルフライを自作して行きました。デコイのパイク#1/0であればピラルクを相手にある程度強引なやりとりをしても曲がる心配がありません。

IMG_4511

ちょうど餌として与えられている小魚と同じ程度のボリューム感。

IMG_4512

これをキャストして放置するのです。イメージは、餌やり時に池に投げ込まれたけど食べられることなくボトムに沈んでいった死んだ小魚。だからこそ餌やりの後1時間程度が効きます。キャストしたらクラッチを切って放置します。場合によっては少しだけシンカーをつけて飛距離を稼いでもいいかもしれません。

IMG_8059

魚が食いつくまで日陰で休憩。ビールを飲みながら気長に待ちます。

IMG_3876

「ジィィィィィィィィ」リールからクリック音。魚が食いついてラインが出ていきます。十分に持って行かせてからフッキング!

IMG_8067

餌やりの時間帯とは関係なく重量級のレッドテールキャットフィッシュを釣ることができました。

IMG_8073

IMG_8081

昼食や水分補給について

Amazon BKKではビールをはじめ各種ソフトドリンク(缶ジュース)を購入することができます。タイの気温は年中高く、比較的過ごしやすいとされる乾季であってもジリジリと照りつける太陽で体力を奪われてしまいます。炎天下の中での釣りになりますので、適度な水分補給を忘れないようにしましょう。

さらにお昼時になるとオーナーさんが「昼飯はどうする?」的なことを聞いてきてくれます。そこで「〇〇が食べたい」と言えば、スタッフがバイクに乗って買ってきてくれます。英語もタイ語もできない私は、スマホで検索した画像を見せて理解してもらえました。タイのチャーハンは美味しいですよ。

IMG_8100

釣り場には何匹かの野良犬が住み着いてしまっています。餌として与える小魚をバケツに移し変える際に大量にこぼすため、それを狙っているんですね。私たちがご飯を食べ始めるとどこからともなく寄ってきました。決して人間を噛んだりするようには見えませんが、タイの野犬は非常に危険ですのであまりちょっかいを出さないほうが無難です。

IMG_3871

IMG_8117

あっ。Aey AmazonBkkさんが遊びに来た。この釣り場で外国人観光客を相手にガイドサービス業を営んでいる方で、日本語は全く通じないですが雰囲気だけで優しさが伝わってきます。私の妻にも釣り方をレクチャーしてくれました。車はイカツイですがとっても優しいお方です。

IMG_8119

ピラルクの鱗

日中、ビッグベイトに全く反応がないため小ぶりなスイムベイトに変えてキャストしていた時、水面直下で根掛かりしました。「水面で根掛かり!?」おかしいなと思った次の瞬間、ぬんぬんと感じる生命感。明らかに魚のバイトではなかったためビックリしました。慌ててフッキングするとスッと軽くなりフックアウト。やってしまった・・。肩を落としてルアーを回収すると、なんとフックに大きな鱗が付いていたのです。

IMG_4174

質感はまるでクレジットカードのよう。めちゃくちゃ硬く頑丈な鱗。先端が赤くなっています。間違いなくピラルクの鱗。根掛かりだと思ったのはピラルクの体に引っかかってたんですね。こんなに大きな鱗の持ち主はいかほどか。ちょっと興奮してしまいました。

IMG_4189

憧れのピラルクをこの腕に

夕方。結局午前の餌やりからはノーバイト。スタッフが餌の小魚を持ってきました。どうやら午後の餌やりが始まる気配です。ここはなんとしてもピラルクを釣りたい!餌の小魚が投入されると同時に再度訪れるチャンスタイム。水面がボコボコしてきました。オーナーの「OK」という合図と同時にルアーをキャスト。けっこうアタルんです。たぶん魚の体に当ってるだけだと思うのですが・・。2キャストに1回ぐらい。その中で明らかに食ったと分かるアタリが来ます。

キター!

image10718

ハンパ無い引きですが魚の姿が見えるまで相手は分かりません。ただ、ガーでは無いことだけは確か。ガーは引きませんから。ということは確率的にレッドテールキャットフィッシュかピラルクか。贅沢な願いかもしれませんが、できればピラルクであって欲しい(笑)

数分間のファイトの後、ようやく水面に姿を現したのは細長くてヘビみたいな奴。ピラルクでした!あとは慎重に慎重に・・。

image10732

やば~。釣っちゃった。水族館で分厚い水槽越しにしか見たことのない憧れの魚。自力で計画し準備して、自力でここまで辿り着いたという達成感。(準備編はこちら)釣りは最高です。

ようやく釣り上げたピラルク。記念撮影はやっぱり池の中で、ですよね。基本的にピラルクを陸上で抱くのはダメだとオーナーに言われます。万が一魚が暴れて地面に落としてしまえば魚へのダメージは大きいですからね。抱かずに地面に寝かせた状態で撮影するか、自ら池の中に入って抱くか。当然抱きますわな。だからこそ海パンで釣りをしているのです。

image10766

憧れのピラルクは思ったより硬くなく、どちらかというと柔らかいと感じるほどでした。鱗一枚はあんなに硬かったのに。興奮してたからかな。Amazon BKKで最高の体験ができました。

image10780

立て続けにレッドテールキャットフィッシュもヒット。過去最大のサイズでドラグ出っ放し。対岸まで移動させられました。それにしても丸々と太っています。ナイスクオリティ。

IMG_4219

Amazon BKK 淡水釣りが好きなら一度は行くべし

釣り好きなら誰しも一度はタイの釣り遠征に憧れると思いますが、アマゾン川にしか生息していない怪魚ピラルクを釣るという体験は特別なものでした。確かにゲームフィッシングを追求される方にとっては餌やりのタイミングで釣るという釣り方を否定的に思われる方も多いと思います。こんなの釣りじゃねーって。しかしこれはこれで特別な体験としてわりきって楽しむのも案外おもしろいと思いますよ。

少なくとも私にとっては、ツアーやガイドの助けを借りることなく自力で釣り場まで行ってピラルクを釣るという体験は素晴らしいものでした。淡水の釣りや怪魚釣りに興味があるようでしたら、是非一度はタイのAmazon BKKに行ってみてください。

後片付けすら楽しいです。

IMG_3920

Amazon BKKでの釣り動画

動画を撮ってきました。釣り場の雰囲気や釣り方など是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA