toggle

2018-08-26

北海道の渓流でイワナを釣ったらポテンシャル高すぎた

北海道釣り遠征も今日で何日目になるか・・。とうとう来てしまいました。日本の最東端、納沙布岬(のさっぷみさき)。

正直最東端感はなかったし、だからなんだという感じでしたが景色はきれい。さぁ今日はエゾイワナ(アメマス)を釣りに行きます。

北海道の渓流凄い・・イワナが普通に尺超えてくる

Google Mapと流釣り北海道―120河川ガイドを頼りに入渓ポイントを探し、藪漕ぎ。人が入った形跡がありました。

川の中に梅花藻(バイカモ)が生えていて初めての雰囲気。岩もなくフラットでどう見ても岩魚域とは思えない感じでした。

魚がいるとしたら倒れた木の下か、バイカモの中か。

ヘビーシンキングミノーを川の流れに乗せながら沈め、倒れた木の下へ滑り込ませます。そしていっきに誘ってくるとガツンとヒット。川の流れに逆いながらのファイトなのでいつもより重く感じましたが、そのまま慌ててネットイン。

背中が高くブリブリ太った尺超えエゾイワナでした。地元の渓流ではなかなか尺岩魚を釣ることもないですが、北海道ではこれが普通らしいです。というかアメマスにしてはかなり小さいほう。しかし久しぶりの尺岩魚にテンションが上がりました。

普通にキャストして引くと藻にからまってしまうので、ピンポイントを撃っていく感じの釣り方で倒木を中心に狙っていくとどんどん釣れるエゾイワナ。

特大と呼べるサイズは出ませんがそのほとんどが25~30cm近くあります。

男3人で釣りあがっているにも関わらず、それぞれコンスタントに釣れ続けるこのポテンシャル。ふと、一人で釣っていたらどれだけ釣れるんだろうと考えてしまいました。ヒグマの不安があるのでさすがに北海道の渓流を一人で釣る気にはなれませんが・・。

リリースしたあとは一目散に梅花藻の中へ隠れていきました。この川にはこんなイワナがうようよと生息しているのでしょう。北海道は渓流好きからすると羨ましすぎる環境です。

途中で雨が降ったりやんだり。へんな天気だ。

北海道の渓流エゾイワナ釣りで使用したタックル

今回は藪漕ぎを想定して振り出し式のパックロッドで挑みました。あまり大きな谷ではなかったので5.2fという長さはちょうどよかったと思います。

Eldorado 岩魚ネックレス

本日も北海道の大自然を全身で感じながら楽しく遊ぶことができました。最後に少しだけ岩魚のネックレスをご紹介します。気になる方は岩魚ネックレスの詳細ページをご覧下さい。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。