toggle

2016-10-03

ブンサムランフィッシングパークへ行くなら絶対に平日

タイで最も有名な釣り掘のひとつブンサムランフィッシングパークについては以前にも書きましたが、ここへ釣りに行く際に絶対に知っておくべき注意点をご紹介したいと思います。(ブンサムラン・フィッシングパークを10倍楽しむ方法

IMG_6830

IMG_6832

週末のブンサムランはお祭り騒ぎで釣りにならない

冒頭でも書きましたが、ブンサムランフィッシングパークはタイの釣り掘では最も有名だと思います。日本でもテレビや雑誌などで度々紹介されていたり、LLCなどの格安航空会社の便が充実してきたことなどもあって、私たちのような釣り好きの日本人にとっては一度は訪れてみたい”手の届く釣り場”であることは間違いありません。もちろん日本人だけでなく世界各国の釣り好きが集まります。白人、黒人、アジア人・・現地のタイ人よりも外国人のほうが多いため、タイで釣りをしているのにそこらじゅうで日本語や英語が飛び交っている不思議な釣り場。雰囲気も最高です。

img_7595

これからタイに釣り遠征される方には是非訪れていただきたいのは間違いないのですが、私の経験上、一点だけ注意点と言うか知っておくべきことがあります。これまで私は計6回ほどブンサムランで釣りをしています。そんな私があなたにアドバイスできることがあるとすれば、週末には行くな!平日に行け!ということ。いきなり命令口調でごめんなさい。でも絶対に平日に行くべきだということを強くお伝えしたいのです。

タイの週末は日本と同じ土日で、タイの土日は仕事がお休みの人が多いのも日本と同じです。そのため土日のブンサムランは海外からの観光客の数が増えるだけでなく、現地タイ人客も平日に比べて倍増します。するとどんなことが起こると思いますか?まずはブンサムラン・フィッシングパークの全体図をご覧下さい。

g11137

手前には無料開放(フィッシングライセンスだけで自由に釣りができる)の桟橋があり、その横と対面側には有料のバンガローが並んでいます。週末の無料桟橋はこんな感じ。

img_7592

少し拡大してみるとお分かりいただけますでしょうか。2m置きに人!人!人!誰かの餌にメコンオオナマズが食いついたらどうなるか・・想像がつきますよね。

image11138

なんせメコンオオナマズはめちゃくちゃ走りますし、キャッチするまでに時間がかかります。当然ですが空気を読んでくれません。桟橋に対して平行に走る事だって多々あるわけで。誰かがファイトしている時は周囲の人は餌を回収してジッと待たなければなりません。が、これは日本人の発想のようで・・。外国の方(現地タイ人も含む)は結構気にせず投げてたりします。そのためお祭りなんて当たり前。「いや、分かるでしょ!」って言いたくなりますが、言葉が通じません(笑)せっかくかかった魚とファイトしている時に別の人のラインに引っかかってわちゃわちゃしている間に逃してしまうこともあるでしょう。

私が経験した中で最悪だったのは、3人がお祭りして全く釣りにならなかったという経験です。詳しくお話しましょう。

img_7594

私はNo.5のバンガローで釣りをしていました。ちなみに土曜日です。桟橋だけでなくバンガローもほぼ満室状態。隣との距離が近いなぁと少しだけストレスを感じながらも餌を垂らして魚が食いつくのを待っていました。すると、No.18あたりのバンガローで釣りをしていた白人さん達に大物がヒットしたようで「Fuuu!!Fuuu!!」って大盛り上がり。私はお祭りを恐れて念のため餌を回収して様子を見ていました。すると案の定、私の左隣の中国人のお客さんとお祭り。さらにはN0.7のバンガローにいるタイ人のお客さんともお祭り。計3本のラインがぐちゃぐちゃに絡まってしまったのです。いや、こうなるの分かるでしょ!(笑)

g11138

No.5のバンガローにいる私たちは何もできなくなりました。誰が糸をゆるめて誰が引っ張るか、皆言葉が通じないので連携がとれない(笑)さらには大物がずっと引っ張っているので皆が緩めても魚に持っていかれる。最悪の状況です。これどうなるの?とビールを飲みながら20分待ちぼうけ。3点で引っ張られたウキが宙を舞っています。

image11191

するとどうやら魚が針から外れた(糸が切れた)ようで、ようやくラインをカットしてお祭り騒ぎが収まりました。私たちと同じく釣りができなかった右隣No.6バンガローのタイ人客と顔を見合わせて苦笑いするしかありませんでした。

img_7641

image11177

さらにこんなパターンもありました。No.6に大物がかかり、No.2とNo.3のバンガローの間に潜られてしまうという事件。またしても15分ほど釣りができませんでした。

g11263

img_7716

もちろん皆さん悪気がある訳ではありませんし、メコンオオナマズの引きは強烈でどうしようもないこともあります。もしかしたら私が迷惑をかける側になっていてもおかしくなかったわけで、釣り掘では皆が楽しく釣れるように周囲で協力し合っていかなければならないと思います。しかし週末のブンサムランは譲り合いの協力ばかりしていると全く釣りができません。ある程度ガサツにならざるを得ないため、余計にお祭りしやすくなるという悪循環。

ブンサムラン・フィッシングパークは平日に行け!

だからこそ声を大にして言いたいのです。ブンサムランでの釣りを楽しみたいのであれば絶対に平日に行くべきです。過去6回のうち5回は平日でしたが、客数は土曜日の1/4~1/5くらいです。少なくとも平日にお祭りを見たことはありません。

「いやいやいや、そうは言っても土日しか休みが取れないよ」という方も多いでしょう。それはしかたがありません。であれば、絶対にバンガローを借りることをオススメします。こればかりは運が大半を占めると思いますが、無料桟橋は誰かに魚がかかるたびに本当に大変そうでした。迷惑かける側もかけられる側もストレスであることは間違いありません。(そんな中でも優雅にビールを飲みながら広い心でゆったりと釣り糸を垂らせるような余裕を持った男になりたいです)

img_7545

img_7549

さらには事前に混雑するということを知って覚悟しておくだけでも違うと思います。何も知らないで行ってみたらめちゃくちゃ混んでて萎えた・・なんてこともないと思いますし。土日に行くのであれば絶対に混雑するということを覚悟して、それなりの心構えで楽しむことができます。

それにしてもブンサムランの釣りは楽しいですよ!

IMG_7710

img_7720

ブンサムラン・フィッシングパークを10倍楽しむ方法も合わせてどうぞ。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA