toggle

2017-02-04

マレーシアのバラマンディ・グルーパー・GT釣り堀 – Kolam siakap jugra RM3

マレーシアにはたくさんの釣り堀があり私たちは計8箇所の釣り場を回りましたが、その中でもKolam siakap jugra RM3は地元のアングラーさんに人気のようです。持ち帰り専用の池は釣り料金も非常に安く、スーパーで買うよりも安く魚を仕入れることができるということで大変混雑していました。キャッチ&リリース専用池のほうはバラマンディ・グルーパー・GTの3魚種を狙うことができ、バラマンディ・グルーパーは比較的簡単に釣ることができます。

Kolam siakap jugra RM3ってどんな釣り場?

まずはKolam siakap jugra RM3がどんなところなのか、どのようなシステムなのかについてご紹介します。

DSC_5309

DSC_5232

  • 名称 : Kolam siakap jugra RM3
  • WEBサイト : https://www.facebook.com/kolamsiakapjugraRM3/
  • 営業時間 : 年中無休 8:00~20:00(Facebookには7:00~23:45と記載あり)
  • 対象魚 : バラマンディ、グルーパー、GT、レッドフィッシュ
  • 料金 : 人数ではなく竿1本につき1時間 20リンギット(3時間目以降は1時間10リンギット)

マレーシアの首都クアラルンプール中心部から高速を走らせること1時間。私はレンタカーを借りてスマホのGoogleMapをカーナビ代わりにして自走しました。この釣り場に行かれる際には気をつけなければならないことがあります。実はKolam siakap jugra RM3には大きく2つに分けられているのです。

  1. 釣った魚は全て買い取って持ち帰らなければならない買取専用池
  2. キャッチ&リリースしてもいいゲームフィッシング専用池

私たちは始めこの事実を知らなかったため、買取専用池でキャッチ&リリースをしていたらオーナーに怒られてしまいました。おそらくこの記事を読んでいただいているあなたもキャッチ&リリースを希望されるかと思いますので、この釣り場に行かれる際は下の地図の白枠3つの池をご利用ください。赤い印の所にキャッチ&リリース専用池の受付があります。

g10925

釣れる魚はバラマンディ、グルーパー、GTがメインとなっており、3つの池でそれぞれ分けられています。受付小屋の隣にある駐車場から池を見た常態で左からバラマンディ池、グルーパー池、GT池です。

g10868

地元アングラーいわく「GT池はとても難しい」とのことでした。計3日間の日程でトータル7時間ほど釣りましたが、GT池で釣れたのはレッドフィッシュという鯉のような魚だけ。まぁこれはこれで凄く嬉しいのですが・・。

DSC_5263

バラマンディとグルーパーは比較的簡単ということだったので私たちは主にバラマンディとグルーパーを狙いましたが、思った以上にイージーでした。バラマンディのサイズはそれほど大きくなく、40~50㎝程度がアベレージサイズかなぁと思います。もしかしたら70㎝を超えるような特大サイズも放流されているかもしれません。

DSC_5284

DSC_5783

image10840

池の所々にランディングネットが置いてあり自由に使えます。ただ、これがけっこう重たいのでちょっとストレスになるかも・・。

DSC_5775

買取専用池には雨や日差しをしのげる屋根が所々に設置されていますが、キャッチ&リリース専用池には屋根が1つもありません。

DSC_5231

スコールの多いマレーシア。突然の雨の際は受付の小屋で雨宿りするしかなさそうです。

image10758

トイレはこの小屋の中にあります。が、マレーシアには大便をした後にトイレットペーパーでお尻を拭くという文化がありませんので、よっぽど外国人観光客をターゲットとしているような施設でない限りトイレにトイレットペーパーがありません。紙の代わりに設置されている水道とオケを使って水で洗い流しながら左手で直に拭くらしいのです。これは非常に慣れないというか、勇気がいると思います。そこで私たちはどこへ行くにもレンタカーの中にトイレットペーパーを常備するようにしています。

image10772

私たちは平日と日曜日に釣りに行きました。日曜日の買取専用池は凄く混雑します。キャッチ&リリース専用池も平日の10倍ぐらいお客さんがいました。

image10826

あと気になる点としては、小屋に3匹ほど猫が放し飼いにされていています。すごく可愛いのですが猫アレルギーの方はお気をつけください。

DSC_5743

料金システムとルール

Kolam siakap jugra RM3の営業時間は8:00~20:00です。オフィシャルFacebookに記載されている営業時間は7:00~23:45なのですが、おそらく買取専用池の営業時間だと思われます。私たちがキャッチ&リリース専用池の店員さんに聞いたときには「8:00~20:00」と言われました。料金は竿1本につき1時間単位で20リンギット(2017年2月現在のレートで約600円)がかかります。なので1人で竿を2本持ち込む場合は1時間で40リンギット必要ということ。ただし3時間目以降は1時間10リンギットと割安になります。

ここではデポジットがありません。しかも後払いです。最初に受付で自分の名前と入場時の時間を書き、釣りを終えた際にお金を支払って帰るというシステム。日本の釣り場では1日とか半日単位で料金を支払うことが多いかと思いますが、1時間単位の課金ってけっこう便利ですよ。早起きする必要もなければ、満足したタイミングで帰ることができます。

DSC_5746

レギュレーション(ルール)は特にないようです。トリプルフックもカエシ付きの針も使用OK。ルアー、ワーム、フライ、餌、なんでも使えます。そういった部分では私たちが回った計8箇所の釣り場の中で最もゆるい釣り場でした。

施設内にレストランはありません。さらには近くにコンビニもありませんので、1日釣りされる場合は釣り場にたどり着く前に昼食を購入しておく必要があります。

釣り方

バラマンディは比較的簡単に釣れます。メタルバイブ(10g)のリフト&フォールや、シンキングミノーのスローリトリーブ(ただ巻き)にガンガンあたってきます。何匹釣ったか数えていませんが、数を数えれないほど釣れたということですね。サイズは最大で50㎝強でした。

DSC_5756

DSC_5766

DSC_5778

やはり水が動いている所のほうが反応が良い気がします。池の所々に設置された水車周辺を狙ってみてください。あとは意外と岸際で釣れます。平日であればほとんど人がいませんので、岸に対して並行にキャストし、岸際50㎝以内を狙ってみてください。

DSC_6536

DSC_5790

IMG_7411

グルーパーに関しても比較的イージーです。シャッドテールワームのボトムのズル引きで釣れます。水深はそれほど深くなく、感覚としては1mぐらいかなって感じでもの凄く浅いのでスローリトリーブすれば嫌でもボトムを引けてしまいます(笑)

グルーパーと言う魚は普段日本ではあまり見慣れない模様をしているのでちょっとテンション上がります。

DSC_6571

image10854

グルーパーの歯は半端じゃないです。ルアーを外す際にすこし指が触れただけで刺さって血が出ます。間違ってもバス持ちなんて絶対にしないでください。

image10881

今回私たちが使用したタックルは以下。

ラインはもう少し細くてもよかったかなと思います。どの魚種も特大と言えるサイズを見ることはありませんでした。PE1号でも十分です。少し保険をかけても2号もあればよっぽど大丈夫かと。

image11675

結局今回は3日間に分けて計7時間釣りをしましたが、気軽に海外の魚を釣ることができますし、ルアーフィッシングが好きな方にはKolam siakap jugra RM3は是非お勧めです。田舎にありますので道中のドライブもお楽しみに。また、超巨大なハタが釣れる釣り堀LS Fishing Pondから程近い場所にあります。1日の日程で2箇所回っても十分に時間があるかと思いますので是非合わせて検討してみてください。

image10729

Kolam siakap jugra RM3での釣り動画

動画を撮ってきました。釣り場の雰囲気や釣り方など是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA