toggle

2017-02-03

マレーシアのレッドテールキャットフィッシュ釣り堀 – NATURAL EXOTIC FISHING POND

マレーシアにはたくさんの釣り堀がありますが、その中でもNATURAL EXOTIC FISHING POND(ナチュラル エキゾチック フィッシングポンド)という釣り堀はお勧め。ここではアマゾン川に生息する巨大ナマズ、レッドテールキャットフィッシュを比較的容易に釣ることができます。

NATURAL EXOTIC FISHING PONDってどんな釣り場?

まずはNATURAL EXOTIC FISHING PONDがどんなところなのか、どのようなシステムなのかについてご紹介します。

DSC_5970

DSC_5972

  • 名称 : NATURAL EXOTIC FISHING POND(ナチュラル エキゾチック フィッシングポンド)
  • WEBサイト : https://www.facebook.com/BigFishRawang/
  • 営業時間 : 年中無休 24時間営業(旧正月の時期などは臨時休業するこもあり)
  • 対象魚 : レッドテールキャットフィッシュ、アジアンレッドテールキャットフィッシュ
  • 料金 : 人数ではなく竿1本につき4時間 100リンギット(デポジット50リンギット)

マレーシアの首都クアラルンプール中心部から高速を走らせること50分。私はレンタカーを借りて自走しましたが、スマホのGoogleMapをカーナビ代わりにして難なくたどり着くことができましたよ。釣り場の隣を流れているカフェオレ色の川が凄く気になりました・・。釣りしている人もいて。

image10708

釣れる魚は主にレッドテールキャットフィッシュ。10kgないぐらいがアベレージサイズでしょうか。でっぷりと太っていてギュンギュン引きます。

DSC_6058

DSC_6095

そしてたまに釣れるアジアンレッドテールキャットフィッシュ。体は細身でエイリアンっぽい雰囲気がかっこいいです。

DSC_5963

釣り場の後ろに常にスタッフさんが待機していて、魚がかかるとランディングは全てスタッフさんがやってくれます。

DSC_5954

看板にはピラルクやガーも写っていますが、現在も釣れるのかどうかは分かりません。

IMG_9883

池はとても広く、真ん中には水上レストランがあります。このレストラン、非常に人気のようで釣りをしない人もご飯を食べるために釣り場を横切ってレストランに歩いていくのを何度も見ました。

image10881

DSC_5973

私もこのレストランで昼食をとりました。写真付きのメニューで指差し注文できますし、チャーハンはとっても美味しかったです。お酒が高いマレーシアですが、ここは比較的安めです。NATURAL EXOTIC FISHING PONDに釣りに行かれる際は是非このレストランを利用してみてください。

IMG_9874

DSC_6073

釣り場には屋根があるのでスコールの多いマレーシアでも安心ですね。今回も1時間ほどの大雨に襲われましたがほとんど濡れることなくつりができました。

DSC_6175

料金システムとルール

NATURAL EXOTIC FISHING PONDは24時間営業で、竿1本につき4時間単位で100リンギット(2017年2月現在のレートで約3,000円)がかかります。なので1人で竿を2本持ち込む場合は4時間で200リンギット必要ということ。そしてマレーシアのホテルやレンタカーなどもそうなのですがデポジットというものがあり、この釣り場にもデポジットがあります。釣り料金とは別に50リンギットをデポジットとして支払いますが、釣り終了時に何も問題がなければ50リンギットは返ってきます。おそらく魚を死なせてしまったりとか施設を壊してしまった時などの保証金みたいなやつです。入り口を入って正面の事務所で受付してください。

image10722

24時間営業なので好きな時に行って好きなだけ釣りを楽しむことができます。夜釣りも楽しそうですね。

レギュレーション(ルール)としては、シングルフックの使用が絶対です。トリプルフックを使用することはできません。しかしルアー、フライ、餌釣りなどなんでもOKです。ジャックポットも行っているみたいですが、私は英語が読めませんので翻訳ください。

image10818

釣り方

私たちは最初まったく要領が分からなかったのでルアーで狙うことにしました。主に使用したルアーは普段日本のブラックバス釣りで使っているもので、

  • シンキングミノー
  • メタルバイブ
  • ブルーギル型ジョイントベイト
  • チャターベイト

をメインに使用しました。中でも反応がよかったのがブルーギル型ジョイントベイト。フロントフックにナス型のオモリ(10g)をつけてボトムまで沈め、ボトムをズル引くイメージで釣っていたら何度もバイトがありました。でも全然フックにかからなかったので小さな魚が小突いていたのかもしれません。

DSC_6102

で、実際にレッドテールキャットフィッシュが釣れたルアーがチャターベイト。純正のスナップはブラックバス用に設計されているため弱すぎるので、ソルト用の強化スプリットリングとスナップを付け替えて使用しました。このようにカスタムするとルアー交換も楽で使い勝手が良いですよ。詳しくは「海外の大物にチャターベイトを使うときの小テク」をご覧ください。

IMG_7212

ボトムをスローリトリーブし、たまにリールを素早く巻いて動きに変化をつけます。この魚も変化をつけた瞬間に食ってきました。

DSC_5948

ただ、周りを見てみると現地のアングラーは皆餌釣りをしていてルアーを使っていたのは日本人の私たちだけでした。実際ルアーオンリーで狙うのは非常に厳しいと思います。私たちは約2時間半ぐらいルアーで狙いましたが釣れた魚は2人で1匹だけ。

とにかく絶対にレッドテールキャットフィッシュが釣りたい!という方は餌釣りをしてみてください。絶対に釣れます。餌は釣り場で調達することができ、スタッフさんに「ベイトフィッシュ、プリーズ」と言うと水槽で飼われている小さなナマズをぶつ切りにしてくれます。1匹2リンギット(約60円)と非常に安め。日本の熱帯魚屋さんで同じナマズを買ったら1,000円ぐらいしそう・・。

DSC_6011

image10736

DSC_5984

これを強めのシングルフックに付けてキャストし、池の各所に設置された竿置きにロッドを立ててひたすら待つのみ。リールのベールを返して(クラッチを切って)ラインが出て行く状態にしておくことをお忘れなく。竿ごと持ってかれます^^;

IMG_9872

DSC_6004

ワンポイントアドバイスとしては、この池の真ん中にある水上レストラン周辺を狙うことをお勧めします。ここはインレットもあり、桟橋などの変化があることからこの付近に魚がたまっていました。

DSC_6007

DSC_6080

ただ、餌釣りというと入れ食いなんじゃないの?って思われるかもしれませんが、意外とそんなことはなくアタリは40分に1回あるかないかぐらいでした。ビールでも飲みながらひたすら待ちます。ラインが出て行ったらフッキング!

DSC_5995

レッドテールはめちゃくちゃ引きます。5~7分ぐらいのファイトを楽しませてくれます。

DSC_6019

DSC_6050

桟橋やレストランの下に潜られないように、最初だけは多少強引に寄せてこれるようなタックルをお勧めします。今回私たちはPE5号にナイロン80LBリーダーで挑みました。ラインはこれで問題ないですが、竿がちょっと弱かったかなという印象を受けました。2回撒かれてラインブレイクしています。

ちなみに私たちが使用したタックルは以下。

竿だけはもう少し強いものをお勧めします。例えば海外遠征にも便利なパックロッド、アブガルシアのワールドモンスター WMCC-654Mなどが良いかと。

image11675

結局今回は計8時間がっつり釣りをして釣れた魚は2人で7匹でした。

DSC_6124

DSC_6144

DSC_6158

餌を使えば絶対にレッドテールキャットフィッシュの引きを楽しむことができるNATURAL EXOTIC FISHING POND。レッドテールキャットフィッシュが釣れる釣り堀として最も有名なのはタイランドのAmazon BKKだと思いますが、Amazon BKKに比べて料金もかなり安く釣れる魚の数もNATURAL EXOTIC FISHING PONDのほうが多いかと思います。(餌釣りができる点で)

海外の怪魚を釣ってみたい!という方には非常にお勧めですので、マレーシアに行かれる際は是非NATURAL EXOTIC FISHING PONDに訪れてみてはいかがでしょうか。その際には餌用のタックルとルアー用のタックルを2本持込み、餌を放置しながらルアーをキャストすれば最大限に楽しめるかと思います。

NATURAL EXOTIC FISHING PONDでの釣り動画

動画を撮ってきました。釣り場の雰囲気や釣り方など是非参考にしてみてください。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事

コメント2件

 須藤 | 2017.02.16 20:27

動画を使った釣り場紹介、とても分かりやすくマレーシアの釣りに非常に興味を持ちました。ありがとうございます。そこで教えて頂きたいのですが、仮にこれからマレーシアに釣りに行くとして、予算はだいたいどの程度必要でしょうか。私はサラリーマンですので休みは大型連休などを利用しても最大で5日程度が限界です。飛行機やホテルのことなども含めて、行って釣って帰ってくるのにかかる大よその総額を教えていただけないでしょうか。お忙しいところ恐縮ですがお答えいただけましたら嬉しいです。宜しくお願いいたします。

 eld | 2017.02.21 14:32

コメントいただき有難うございます。マレーシア釣り遠征にかかる大体の予算を出してみました。参考にしてみてください。>>マレーシア釣り遠征にかかる予算について

Comment





Comment



CAPTCHA