toggle

2017-09-29

タイのブンサムラン・フィッシングパークが大幅値上げ

島田さんよりこんなご報告をいただきました。

まじですか。さっそくブンサムランのホームページを確認してみたところ、確かに釣り料金(ライセンス)が2,000バーツから4,000バーツに値上げされています。

2017年3月よりバンコク市内から車で1時間ほど離れた田舎に移転したブンサムラン・フィッシングパーク。それが原因で観光客が減ってしまったのかもしれませんね。もしかしたら観光客とのトラブルなどがあって客層を絞ってきたのか・・値上げの詳しい原因は不明ですが、以前の2倍となる4,000バーツへの値上げです。

設備の移転は完了しても、魚の移転がまだ100%終わっていないというブンサムラン。現在も旧ブンサムランから魚を少しずつ移動させている最中です。なにせ大きな魚ですし生かしたまま輸送しなければならないので、小さなトラックの荷台に水槽を設置しての作業。全ての魚を移動するまでに時間がかかって当然です。

その影響でか、移転後のニューブンサムランは旧ブンサムランに比べて魚が釣れなくなっていると感じます。移転前はガイドを雇えば2投に1回ぐらいのペースで釣れ続けましたが、ニューブンサムランではガイドを雇っても魚がかかるまで30分とか1時間とかかかることもあります。

釣り自体にはあまり興味がないけど、せっかくだから怪魚を釣りに行ってみようというようなモチベーションの多くの観光客からすれば、移転前より立地が悪くなり、釣れる魚も減り、そしてさらにこの値上げですから、客足が減ってしまうということも考えられます。しかしブンサムランにはコアなファンが付いているのも事実。値段が倍になろうが構わず通うという人も少なくないでしょう。私もその一人です。

値上げは外国人向け料金のみ タイ人向け料金は据え置き

ブンサムラン・フィッシングパークには外国人観光客料金とタイ人料金があることはご存知でしょうか。今回の値上げによって外国人料金は4,000バーツになりましたが、タイ人料金は400バーツ。10倍の違いがあります。

このタイ人料金というのは、なにも国籍がタイでなくても大丈夫。タイの就労許可証や運転免許証を見せれば日本人でもタイ人料金(400バーツ)で釣ることができます。どうやらタイ人価格はタイに税金を納めている人に対する価格のようですので、タイで働いている人や運転免許証を持っている人であればタイ人価格が適用されるんだとか。

そこで、来年あたりその手順に詳しい島田さんと一緒にタイの免許証を取得しに行こうと思っています。なんでも免許の取得は1日でできるようで、大体のスケジュールとしては、

  • 前もってアパート契約書と写真を用意
  • 8:15にイミグレに到着しコピーを取る
  • 8:30開場と同時に住居証明申請(早ければ30分~2時間で取得)
  • クリニックで健康診断書をもらう
  • 陸運局へ向かい午後の受付開始と同時に免許証の切り替え手続き
  • 15:30免許証の受け取り、帰宅

こんな感じらしいです。車とバイクで1,500バーツほどということなので、これは絶対にやっておくべきでしょ!詳しい手順については来年あたり実際に免許証を取得しにいってレポートさせていただきますね。今しばらくお待ちください。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA