toggle

2018-02-18

ワールドモンスター折っちゃったって話

先日タイのバラマンディ養殖池で気に入っていたパックロッド「ワールドモンスター WMCC-654M」を折ってしまいました。折れたときの状況から、帰国後修理に出して返ってくるまでの流れをシェアさせていただきます。

折れた原因は完全に自分のミス

先日訪れたタイのバラマンディ養殖池は、6kg前後のバラマンディが本当によく釣れる池でした。入れ食いです。その時の様子がこちら → ニューボーヌム(Mongkol Fishing Park)の裏メニューが凄い

あまりにも簡単に釣れますしトップにもボコボコ出るような感じだったので、バラマンディをフロッグで釣ってみたいなぁと思ったわけです。

フロッグに結び変えて第一投目。ちょっとアクションしただけでバラマンディが食ってきました。それと同時にフルパワーでフッキングしたところ・・

第2ピースと第3ピースの継ぎ目でバッキリ逝ってしまったのです。私はこれまで日本でもブラックバスやライギョをフロッグで狙うような釣りが好きで、フロッグを使用する際は基本的にヘビー以上の強い竿を使ってきました。そしてヒシモなどのカバーが濃いエリアで釣っていたこともあり、「フロッグに出たらフルパワーでフッキングする」というのが体に染み付いていたのかもしれません。ミディアムクラスの654Mを握っていることを忘れ、思いっきりフッキングしてしまったんです・・。

完全にやらかしました。

購入後1年以内なら保証で直る

気に入っている竿でしたので、帰国後さっそくメーカーに電話で問い合わせてみました。すると、購入日より1年以内であれば保証で修理(部品交換)することができるらしい。以下のものを持って最寄のアブガルシア取扱店に行きました。

  • 折れた竿(折れた部分だけでなく全てのピース)
  • 保証書
  • 購入を証明できる書類(保証書に販売店や購入日の記載が無い場合)

私はインターネット(Amazon)で購入していたため付属されていた保証書に販売店や購入日の記載がありません。そこで、Amazonの購入履歴を印刷して持っていきました。保証書に記載された免責額は4,800円。つまり4,800円で折れたピースを新品と交換してくれるとのこと。

お店に竿一式を預けてから6日後。釣具屋さんから竿がメーカーから帰ってきたという電話があったのでさっそく受け取りに行くと、部品交換代金4,800円の他に送料が400円かかり、合計5,200円できれいになって返ってきました。

今回は購入日から1年以内ということもありましたし、保証書もしっかり持っていたので安く直すことができましたが、保証書がなかったり2回目以降の修理や部品交換の場合は、場合によってはもう少し料金がかかるようです。と言ってもワールドモンスターはもともと凄くお手頃価格で購入できるパックロッドですので、次回また折れてしまった場合は新品で買い直すかなぁ。

皆さんもパックロッドを購入された際は付属の保証書を無くさないように大切に保管しておくことをオススメします。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。