toggle

2018-03-29

モンコンか、ブンマーか。タイでバラマンディを釣るならどっち?

タイでバラマンディ釣りに初めて挑戦するならココがお勧め

上の記事でタイランドにある2つのスペシャルポンド(大物バラマンディが爆釣する養殖池)をご紹介いたしましたが、この記事ではそれらの養殖池に関して私なりの使い分けをご紹介します。これからタイに行くけどモンコン・フィッシングパーク(裏)かブンマーポンドかどっちに行こうか迷っているという方の参考になれば幸いです。

釣果で選ぶ

まず気になるのは釣果。せっかく海外の怪魚を狙うのであればたくさん釣れるに越したことはありません。年に何回もできるような釣りではありませんので数もサイズも満足したいに決まっていますよね?でもご安心下さい。釣果に関してはどちらもそれほど大差はないと思います。どちらの養殖池もめちゃくちゃ釣れます。

もちろんその日の天候や気圧の影響などで釣れない時間帯があるにはありますが、そんな時は池を移動して絶対に釣らせてくれます。私の経験上、前日にまとまった雨が降った時は反応が悪いような気がします。

強いて言うなら、サイズで選ぶならブンマーポンド。数で選ぶならモンコン・フィッシングパーク(裏)ですね。これまで何度か通ってみましたが、平均的なサイズはブンマーポンドのほうが大きいです。感覚的にブンマーが平均7kg、モンコンが平均5~6kgといった感じでしょうか。

ただしこれはあくまで私の経験則であって、中には私のブログや動画を見てモンコン(裏)に行かれた方から「最大で13kgのバラマンディが爆釣でした!」というお喜びのメッセージをいただいたこともあります。案内される養殖池によって平均サイズが違うのかもしれませんが、こればかりは運ですね。こちらでは選べません。

さらにモンコン(裏)ではこんな化け物を釣られた方もいらっしゃいます。おそらくインターネット上に公開されている釣り堀のバラマンディの画像では最大ではないかと。夢がありますね。

金額で選ぶ

タイの一般的な釣り堀の料金が 300バーツ/1日 程度なのに対し、モンコン(裏)やブンマーポンドの釣り料金は2,100~5,000バーツもします。このように曖昧な表記になっているのには理由があって、モンコン・フィッシングパークの裏メニューに関しては一度に釣りに行く人数によって一人あたりの金額が変わるからなんです。

  • モンコン(1人で行く場合) 5,000THB/1人
  • モンコン(2人で行く場合) 2,500THB/1人
  • モンコン(3人で行く場合) 2,100THB/1人
  • ブンマーポンド 一律3,000THB/1人

つまり一人で行く場合は3,000バーツで釣りができるブンマーポンドのほうが安く行けますし、2人以上で行く場合はモンコンに行ったほうが安く行けるということになります。

以前ブログのほうに「ブンマーポンドが3,500バーツに値上げした」というコメントをいただきましたが、オーナーの息子さんにLINEで確認したところそのような事実はないとのことでした。2018年3月現在のブンマーポンドの料金は3,000バーツで間違いないです。

時間で選ぶ

最後に釣りに行く時間帯によって選ぶということも大切になってきます。モンコン裏メニューとブンマーの営業時間は以下のようになっています。

  • モンコン裏メニュー 釣り開始から15:00まで(月曜休み)
  • ブンマーポンド 釣り開始から6時間(無休)

ブンマーポンドは釣った魚を全てリリースするのに対し、モンコンのほうで釣った魚は最終的に全て市場へ出荷されます。その業者のトラックが魚を引き取りにくるのが大体15:00前後。つまりモンコンの裏メニューは15:00頃に業者が魚を引き取りに来た時点で釣りを終了しなければならないということです。

そのため例えば飛行機などの関係で釣りを開始できるのが11:00になってしまう場合、モンコンを選択するとたったの4時間しか釣りができません。それに対しブンマーポンドであれば11:00に釣りを開始したとしても、そこから6時間(17:00まで)きっちり釣りをすることができます。ブンマーポンドの最終的な営業終了時間は不明です。おそらく日没まで?

朝一から釣りに行くことができるのであればどちらの養殖池を選んでも問題ありませんが、釣りを開始する時間が遅れる場合は私なら迷わずブンマーポンドを選択します。

で、結局どっちがいいの?

どちらか一つを選ぶのは本当に難題なのですが、今の私が個人的にハマっているのはモンコンの裏メニューのほうです。私の釣果に限った話、モンコンのほうが釣れています。もちろんブンマーポンドが釣れないと言っているわけではなく、どちらもめちゃくちゃ釣れるのは大前提とした上で、それでもモンコンは爆釣です。時間帯によっては5投連続キャッチなんてこともザラ。

そして最後に自分の釣果がまる分かりになるというのも楽しい経験です。トラックの荷台にパンパンに積まれるバラマンディを見ると「こんなに釣ったの!?」と、あらためて今日の釣果に満足できるんですよね。

魚のサイズ、料金、時間などを考慮して、あなたに合った釣り場を選択してみてください。→タイでバラマンディ釣りに初めて挑戦するならココがお勧め

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事

コメント3件

 Atsushi | 2018.03.30 0:59

ブンマーは3500Bに値上げしてますね
タイ人に予約から同行までしてもらい、オーナーとも直接話をしました
日本人が多すぎるので値上げしたそうです

 eldorado | 2018.03.30 1:10

そうなんですか?確認してみます。

 eldorado | 2018.03.30 15:59

確認してみましたところ前回と同様の回答でした。→http://eldorado.red/?p=4040
4月に実際に釣りに行って真相を確かめてきます。

Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。