toggle

2016-08-16

タイランドの釣り旅なら高級ホテル?格安ホテル?徹底比較

釣り天国タイ。タイにはピラルクやメコンオオナマズ、バラマンディーといった怪魚が釣れる釣り堀がたくさんあり、世界中からアングラーが訪れます。まさに釣り人の楽園。この記事がこれからタイへ釣り遠征される方のためのホテル選びのヒントになれば幸いです。

hotel

とりあえず釣り場に近いホテルを探そう

タイ旅行となると皆さん基本的にバンコク市内のホテルで宿泊されることがほとんどです。ツアーに含まれるホテルは99%バンコク市内ですし、インターネットで検索してもとりあえずバンコク市内のホテルがヒットします。確かに交通の便もよく”遊ぶ”のであればバンコク市内のホテルが最適なのですが、なんと言っても今回のタイ旅行の目的は釣り。釣り場に近い場所にあるホテルに滞在すればタクシーやレンタカーなどでの移動も楽ですし、実際に釣りをする時間も長くとることができます。必ずしもバンコク市内に宿泊する必要はありません。

そこで、タイの有名釣り場を3つほどピックアップしてみました。Booking.comなどを利用すれば海外のホテルの予約がもの凄く簡単にできます。

g11611

地図をご覧いただければ、それらの釣り場がバンコクからかなり離れていることがお分かりいただけるかと思います。例えばバンコク市内のホテルからAmazonBKKまでは車で2時間ほどかかるため、タクシーで行くとなると運転手と交渉してタクシーを1日チャーターしなければなりません。レンタカーで動くにもかなりの往復4時間ほどドライブすることになり、結構キツイです。ブンサムランは30分ほどで行けますが、パイロット111についても1時間30分ほどかかります。バンコク市内の道路は毎日バカみたいに渋滞してますし・・

IMG_5098

ですから1時間でも長く竿を振れるよう、訪れる予定の釣り場に近い立地のホテルをオススメします。私がタイへ釣りに行く際はだいたい10日間ぐらい滞在するのですが、最低でも2,3のホテルを移動するようにしています。例えば最初の3日間はAmazonBKKに近いホテルに泊まり、AmazonBKKだけに集中する。そして残りの7日間はブンサムランとパイロット111の中間地点にあるホテルに宿泊し交互に楽しむ、みたいな感じ。ホテルの数は圧倒的にバンコク市内に集中していますが、少し田舎にも条件の良いホテルはたくさんあります。あくまで目的は釣りですのでバンコクでの観光や夜遊びなどは二の次に考えています。

g11612

滞在日数が少ない場合はホテルをころころ変えるのは面倒だと思いますし、上記3箇所の釣り堀を遊びつくすのは難しいと思います。釣りたいターゲットに合わせて釣り場とホテルを考えてみてください。

タイのホテルは日本に比べると激安

ホテル選びで重要視する点は人によって全く違います。せっかくの海外だし高級ホテルで上質なサービスを受けたい人、とにかく釣りをすることが目的なので寝れればどこでもいいという人。実はタイの宿泊施設は日本に比べると非常に安価で、大人1泊1,000円以下で泊まれるようなホテルもあります。10,000円支払えば高級ホテルの部類。そこで実際にタイの高級ホテルと格安ホテルに泊まってみた私の体験談をご紹介したいと思います。

1泊10,000円で高級ホテルに泊まれる

まずは1泊10,000円(季節や曜日によって変動あり)のお部屋から。アヴァニ アトリウム バンコクというホテルです。バンコク市内に位置し、ブンサムラン・フィッシングパークまで車で30分程度。ブンサムラン・フィッシングパークへ通う際に3泊4日で利用しました。

IMG_5037

IMG_5128

高級感のある広々としたエントランスには大きなぬいぐるみがお出迎え。コンシェルジュが話す言語はタイ語と英語。日本語は通じませんがジェスチャーやスマホの予約画面などを見せればなんとかなります。

IMG_4285

部屋はとても清潔感がありゆったりくつろぐには十分の広さ。無料Wi-Fiの利用ができるためパソコンで仕事したりブログを書いたりすることもできます。

IMG_4292

洗面所は大理石で大変高級感がありますが、トイレは洗面所の中にむき出しの状態。海外なのでしかたがありませんね。シャワーの水圧は若干弱めでした。

IMG_4295

IMG_4297

部屋の窓からはバンコクを一望。

IMG_5030

IMG_5133

朝食(バイキング)も付いてます。早朝からオープンしているので、しっかり食べてからブンサムラン・フィッシングパークに向かうことができます。

IMG_4491

季節や曜日のタイミングによってはこのホテルに1泊5,000円で泊まれることも。タイのホテルは本当に安いですね。日本でこのホテルに泊まったら30,000円はしそうです。

1泊10,000円で高級リゾート気分を味わえる

続いては同じ10,000円でも少し違ったテイストのホテルをご紹介。Chawalun Resortというリゾートホテル。AmazonBKKまで車で20分という立地のためバンコクからは離れています。田舎なので周辺には観光地など何もありませんが、とにかくAmazonBKKに近いことが最大のメリット。とても雰囲気のいい所ですので部屋でゆったりとリゾート気分を味わうことが出来ます。

エントランスは広々としていて清潔感バッチリ。

IMG_7970

部屋は一つ一つが独立したヴィラ。プライバシーも完全に守られています。

IMG_8212

もちろん無料Wi-Fi完備。

IMG_7982

バスルームは若干しょぼいですが、清潔感はあります。

IMG_7986

敷地内は非常に広いため、移動にはカートを利用。その辺にいるボーイさんをつかまえて「〇〇に連れて行ってくれ」と言えば運転して連れて行ってくれます。

IMG_8241

IMG_8242

レストランやマッサージルームなどもあるためリゾートの敷地内だけで丸二日は楽しめるのではないでしょうか。

IMG_8239

IMG_8394

IMG_8389

IMG_8402

このホテルが1泊10,000円以下とは思えません。AmazonBKKにピラルクを釣りに行く際は是非。

IMG_7989

1泊1,000円で日本のビジネスホテル並

ここからは1泊1,000円~2,000円程度の格安ホテルをご紹介します。格安ホテルと言ってもホテル自体は日本のビジネスホテル程度の設備やサービスがありますが、やはり安いだけあって様々な難があると感じた所もあります。中には寝泊りに支障が出るようなこともありましたのでご紹介したいと思います。

まずは1泊2,000円程度のイージー モーテル Bangnaパイロット111フィッシングプールまで車で40分の立地です。ここは一軒家の1階と2階に分かれていて、どちらかを借りるというシステム。レンタカーを車庫に入れてそのまま部屋に入れます。

IMG_6363

シンプルな室内。高級感は全くありません。

IMG_6367

無料Wi-Fiも完備。が、やはり不安定だったため持参していた海外用レンタルポケットWi-Fiで補いました。

IMG_6402

シャワールームはこんな感じ。トイレとシャワーと洗面所に仕切りがありません。しかもシャワーの水圧がめちゃくちゃ弱い・・。

IMG_6368

そして最大の難点はタイの交通事情。タイの道路は日本とは違って少し特殊な作りになっています。メイン道路には交差点がほとんどありません。そのため目的地まで最短ルートを走れないのです。イージー モーテル Bangnaはパイロット111に近いという理由で宿泊していたのですが、パイロット111に行くためにもの凄く大回りをしてUターンしなければなりません。これは実際に経験してみないとイメージが沸かないと思います。タイの道路は本当に交差点がないんです!パイロット111からホテルに帰るときも高速を下りる場所を間違えたらもの凄く遠回りしてUターンしてこなければなりません。しかも大渋滞の中。とてもストレスでした。

g10736

続いてKamontharaという格安ホテル。ここは大人2人1室2,000円程度の料金設定なので1人あたり1,000円です。AmazonBKKまで車で1時間程度の立地。バンコクとAmazonBKKのちょうど中間地点にあります。

IMG_3793

決して高級感はありませんがシンプルできれいな部屋。

IMG_3803

シャワールームもシンプルです。こちらもシャワーの水圧が弱い・・。格安ホテルのシャワーの水圧はかなりの確率で弱いと思ったほうがいいみたいですね。

IMG_3801

コイン洗濯機もあります。

image10672

ここの最大の難は、ホテルに隣接するオープンバー。大きなスピーカーで大音量の音楽が鳴り続けています。時には生バンド演奏なんかも。もちろん部屋までしっかり聞こえています。

IMG_3794

ウソみたいな話なんですが、この大音量が夜中の3時、4時頃まで鳴り響いているんです。日本では考えられません。完全に安眠妨害でした。最終的には開き直って飲みましたが、ここには二度と泊まりません・・。

IMG_3964

あくまで釣りが目的であれば格安ホテルでも十分

ここでご紹介したホテル以外にもいくつか宿泊していますが、やはり格安ホテルにはそれなりの理由がありそうです。ホテルの設備に関してというより、それ以外の部分で。タイは日本に比べて物価が非常に安い国ですので、1,000円で泊まれるホテルでも日本のビジネスホテルとそこまで変わりませんし、タイで10,000円するホテルは日本の高級ホテルと同等です。

しかし釣り旅で寝泊りするだけなら格安ホテルで何も問題なし。贅沢なサービスやリゾート気分を味わう必要はないというのであれば格安ホテルで十分だと思います。実際に宿泊してみないと分からないですが、5,000円も支払えばそれなりのホテルに泊まれるのではないかと思いますよ。そして格安ホテルの最大の楽しさは、現地の雰囲気を感じられることです。高級ホテルに宿泊する客層はやはり日本人を含む外国人観光客がメイン。しかし格安ホテルの客層は現地の人が多く、立地も少しダークな場所にあります。現地のリアルをこの目で見ることが出来るので、何かと不便ではありますが私はあえて格安ホテルを選ぶこともあります。これからタイへ釣り遠征をお考えのあなたに、少しでも参考になれば幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございます。この記事があなたのお役に立てましたらシェアをお願いします^^b

Eldoradoからのお知らせ

Eldoradoでは釣り人のためのネックレスを制作・販売致しております。安全祈願・大漁祈願のお守りとして、あなたの釣行・遠征時に身につけていただけましたら幸いです。また、釣り好きな方へのプレゼントにも大変喜ばれます。

関連記事
Comment





Comment



CAPTCHA


※48時間以内に返信させていただきますが、返信の際に通知は届きません。48時間ほど経過しましたらお手数ですがまたこのページに戻ってきてコメントをご確認下さい。